耳寄りなはなし

このコーナーでは、皆様のお役に立つ情報を提供しております。(随時更新していきます)

北国青森に快適生活を!SW工法の魅力

国青森での生活を考えた上で、一番考慮したいのが「気候」。夏は30℃以上にもなる日が続いたかと思えば、やませの影響で急に寒くなってみたり・・・。また、冬の寒さが厳しいのはご存じのとおりです。SW工法は、そんな青森での生活を快適にする強い味方。今回は、SW工法の秘密をご紹介します。

■建物全体をすっぽり包む、発砲ポリウレタン断熱材

発砲ポリウレタン断熱材

SW工法で使う断熱材・発泡ポリウレタンは、一般的なグラスウールに比べて熱を伝えにくい優れた素材です。この断熱材で建物全体を包み込むことで、魔法瓶のような保温性に優れた室内をつくります。


■機密性能の高いSW工法住宅は、部屋の上下温度差が少ない

SW工法の住宅は温度差が少ない

隙間の多い住宅ほど室内空気の流出量が大きくなります。冬場の室内で足元が冷たいのは、図のように流出した冷気が足元へ降りてきて、部屋の上下で大きな温度差が生じるためです。

このページのTOPへ


■SW工法で実現する、快適な高気密・高断熱住宅

SW工法住宅の優れた保温性は、下の比較画像からも明らか。高気密・高断熱で外気に影響されにくく、頭から足元まで均一な温度の快適空間を保てます。

一般住宅の部屋の温度

SW工法住宅の部屋の温度

一般住宅
天井と床部分の温度差が大きく、すきま風のため足元に冷気がたまっています。
(冬期暖房時)

SW工法住宅
天井から床までほぼ均一な温度を保つため、足元まで快適です。
(冬期暖房時)
※暖房方式によって異なります。


このページのTOPへ


■温度差のバリアフリー、部屋間の温度差の少ない快適住まい

冬場の部屋間で感じる急激な温度変化は、体に大きなストレスとなり体調不良の原因になります。とくに高齢者には血圧上昇によって心臓に負担がかかるヒートショックという現象が起こり、生命の危険を伴う重大問題となります。 不快な温度差の代表例となるトイレや洗面空間も、SW工法なら冷暖房を併せて室内温度を効率よくコントロール。温度変化の小さい快適な室内空間を実現できます。

一般住宅とSW工法住宅の室内の温度状況

外気温の影響による室内温度変化の比較

北国青森の寒い冬も、不安定な夏も快適に過ごせます

このページのTOPへ


Copyright©2007 SOKENHOME INC.All Rights Reserved.